kobalog

英語学習・ジャズギター・商品レビューなど、好きな事気になる事について情報発信している雑記ブログです

買って良かった使える日用品【2017年版】

こんにちは、kaeluです!
もはや買い物中毒と呼んでも良い程「物を買う」という事が好きな私は2017年色々な物を購入しました
だからと言って闇雲に買うのでなく、自分の中に美学の様なものはあります…一応…
そんな訳で、今年購入したものの中で、使ってみて良かったおススメしたいものを紹介させてください!
どのアイテムも今現在もバリバリ我が家で活躍してくれています
では、さっそくいってみましょう!

プリンセス テーブルグリルピュア

オランダの家電メーカーのホットプレートです
見た目の素敵さに一目惚れし、機能性も好評そうだったので購入しました
使用してみた感想
良かった所
・とにかく美味しい!
プレート部分が白いのは、セラミック素材によるもので遠赤外線により外はこんがり、中はふっくらと食材がとにかく美味しく焼けました
とくに焼肉をした時に肉はもちろん、野菜が美味しくて、その場に居た全員が驚いて居ました
そのほかにもトーストや、パンケーキなどもふっくら美味しく、驚きました
・手入れが楽
このホットプレートは基本的に水洗いしません
まだほんのり温かいうちに付属のスパチュラでプレートの汚れを擦り落とし、ティッシュでさっと拭けば元の綺麗な白いプレートに戻ります
中心の穴部分に油が落ちるので、油受けは毎回外して洗っています
・煙がでない
本当にね、驚くほど煙でません
これ以前はニトリの安い焼肉グリルプレートを使用していて、家で焼肉やると火災探知機なるんじゃないかと心配になるくらいモクモクで、換気扇マックスと、風の流れを考えてリビングのドア開けなきゃいけないくらい頭脳戦の焼肉パーティをしていました
プリンセスのテーブルグリルを購入してからは、うっかり換気扇回し忘れても翌日の臭いなども全然気にならないくらいで、調理用品でこんなに変わるものなのかと驚きました
使いづらい点
・中心の傾斜に食品が流れる
油が流れる為にプレートの中心部分に穴が空いていて、そこに向かって緩い傾斜があるのですが、コツを掴むまではホットケーキの生地や目玉焼きが流れていってしまいます…
ただ、100均などに売っているシリコンの型などを使えば流れないですし、可愛い形のホットケーキなどを作れるのである程度解消できますよ!
・蓋ができない
蒸したい時に、蓋がないのでなんかいい感じの高さのあるフタを買うかしないといけないので、ぎょうざ焼いたりしたい方には少し使い辛いかも…
お好み焼きなんかは蓋をしなくてもふっくら美味しくできましたよ
ただし、別売りの蓋はあるようです(^^)

vermicular オーブンポットラウンド SUKIYAKI

こちらは今大人気のバーミキュラのお鍋です
ホーロー鍋系は我が家にはストウブとルクルーゼ がありますが、それぞれの良さがありますね。ストウブの22cmラウンド型を始め使っていて、とても便利に使っていたのでもう少し大きいものが欲しくなり、こちらは公式オンラインショップで半年待ちで購入しました
日本の鋼鉄メーカーが作り始めたお鍋で、無水調理ができるのが特徴ですね!メイドインジャパンで一つ一つ時間を掛けて作られている所に惹かれこちらにしました
使用してみた感想
よかった点
・中がザラザラになっている
恐らくこれはマッドブラックの色味だから?かと思うのですが、ルクルーゼの中までツルツルホーローに比べると焦げ付きにくく、フライパンの様な炒める作業にも向いています
パステルカラー系の色味のお鍋は中も白くてツルツルホーローになっているのでまた違った使い心地かと思います
・底に凹凸が付いている
これは食材の鍋への接地面積を少なくする工夫の様です
なるべく直の熱ではなく、対流熱でじっくり火を通す事で野菜なんかはとっても甘くて美味しく火が通ります
使いづらい点
・重い
これ系のお鍋はとにかく重たいですよね〜
ただ、ルクルーゼ やストウブに比べると軽く作られている感じがしますね
あとはホーロー系鍋全般のものと変わらずで、バーミキュラだからというデメリットはあまり無いように感じます

irobot roonba 880

言わずと知れた家庭用お掃除ロボット
これはグレードが500番代から900番代まであるのですが、800からグッとお掃除力が上がります。買うなら断然800以上がおススメな訳ですが、なぜなら吸引力が7倍になっています
また、吸い込み口がブラシではなくAERO FORCEシステム採用になっているのも800からです
カーペットもお掃除したい方は断然こちらのモデルがおススメです
それから、バッテリーの持ちも従来半年程→一年半になっていて、メンテナンスが楽です
900番代は10万円程してしまい高価ですが、800番代は5万円前後で買えるので、3万円くらいの下のモデル買うなら断然800番以上を買った方がいいですよ!
使用してみた感想
良かった点
・時間を有効活用できる
これに尽きますね
人を招くときや、仕事へ行く時など掃除機にかける時間がなくなると本当に楽です
特に子供が居る家庭の方は毎日食べこぼしで汚されたり、清潔に保ちたいけど中々時間がなかったり…と掃除機が必要な場面は多いと思います
ルンバを買ってからは子供が食べこぼしでも「ルンバに掃除して貰えばいーや!」と、寛大な心を持てます
来客時もスイッチを入れて、あとは料理の準備に勤しめます
・結構綺麗になる
ルンバを持ってる方は大体みなさん掃除機も常備して居るかと思います
あんまり綺麗にならないのでは…という噂もありましたしね
でも、床に関しては殆ど出番がない位、大きい食べこぼしから小さい食べこぼしまでしっかり吸ってくれます
スイッチ入れて出かけて、家に帰って床が綺麗になっていてしっかりホームに戻ってくれてる姿を見ると思わずありがとー!と声を掛けたくなるほど愛着が湧きます
・ゴミ捨てが簡単
殆ど毎日スイッチを入れてればそこまで部屋に埃やゴミが溜まっていないので、ダストボックスは1週間に一度空にすれば済む程度ですが、片手でポンとダストボックスを抜き、蓋を開けてゴミ箱に振るうだけです
私は相当ズボラで面倒くさがりな方ですが、全く手間に感じる事なくゴミ捨てできますよ!
・ロボットメーカーが作って居る
これは、他のメーカーのお掃除ロボットももちろん検討していた時に良いと感じた所なのですが、ルンバはロボットとして優秀なのです
アイロボットは無人探査機の様な物を元々開発されて居るメーカーなので、段差にもつよかったり、障害物を探知して避けてくれたり、ゴミを探知して集中的に掃除を行なってくれたりと、とても強いですね
日本の家電メーカーから出て居るものはあくまで家電のメーカーが作ったロボットなので、多機能だったりはするのですが、障害物を越えたり避けたりと言ったロボットとしての知能はアイロボットの方が高い様ですね
・中々手が届かない所まで掃除してくれる
ベッドの下やソファの下、流し台の奥など、自分で掃除機をかけて居る時には絶対に手が届かない所までお掃除してくれます
なので、奥に埃が絨毯になって居ることもなく、ハウスダストアレルギーの私もとっても快適に生活出来ています
使いづらい点
・角や細かい所は掃除できない
どうしても形状が丸なので部屋の角は少しゴミが残ります。クイックルワイパーで取れば問題ないですけどね!
・コードが多いと吸い込んで止まってしまう
iPhoneの充電器などほっとくとコードを吸い込んでしまって、家に帰ったら掃除が止まっちゃってた事も多々あります
コードが多いご家庭はしっかり上に上げておいて下さいね
・カーペットは仕上げのコロコロ必須
普通の掃除機でもそうですが、カーペットも大まかにはゴミ取ってくれますけど、来客前などはコロコロをした方がカーペットがワンランク明るくなりますね
以上3つの商品が今年買った物の中でかなり良かったものたちです

まとめ

私は買って損はないなーと思っていますが、人それぞれですかね
今やこんなに便利なアイテムが売っているんだと改めてびっくりしました
他にも食器類や洋服なども書きたかったのですが、長くなってしまったのでここまでで!
ありがとうございました