kobalog

英語学習・ジャズギター・商品レビューなど、好きな事気になる事について情報発信している雑記ブログです

コーヒーの美味しい淹れ方と実はコーヒーって体に良いんだぞって話

f:id:go-shun:20180827200015j:plain

こんにちは!

コーヒー大好きなブロガーのコバヤシです

私は普段からしょっちゅうコーヒーを飲むのですが、さらに美味しくコーヒーを飲むには何をすれば良いんだろう?…と、ふと考えました

そこで今回はコーヒーの美味しい淹れ方と実はコーヒーって体に良いんだぞ!って事を調べたのでシェアします

コーヒーと言えば、キリッとブラックで!

いやいや、砂糖とミルクでマイルドに!

色んな楽しみ方ができるのがコーヒーの魅力ですよね

それではいってみましょう!

 

美味しいコーヒーを淹れる為には

美味しいコーヒーを淹れる為には何よりもまず、良いコーヒー豆を選ぶ事が重要です

とは言ってもコーヒーの味の違いなんて素人にはよくわかりませんよね

なので、買いたいコーヒーが決まっていない場合は思い切ってお店の方に自分の好みを伝えて選んでもらいましょう

あと、できるだけ新鮮な豆が良いので1〜2週間で使い切れる量だけ買うようにしましょう

それと、コーヒー豆は空気(酸素)を嫌います

焙煎されたコーヒー豆が空気に触れると、成分が酸化作用などの化学反応を起こして、味や香りなどの品質劣化を招く原因になりますよ!

 

豆の保存方法

豆でも粉でも、密封できる容器に入れるのが一番です

容器も新品の物にしておきましょう

袋に入れて保存する場合は空気が入らないようにしっかりとテープで止めて、陽の当たらない風通しの良い場所で保存してください

夏場は冷蔵庫で保存するのがベストですね!

 

美味しい淹れ方について

器具に関わらず、味や香りが変わったりしないように短時間でコーヒーの繊維組織を膨らませて美味しさを抽出するコツです

 

それと、できればコーヒーに使う器具類は使用する前に一度、お湯で綺麗に洗って温めてから使用するとなおグッドです

マグカップもお湯で温めておきましょう

そして「すぐに飲む分だけを入れる」というのが最も重要になります

コーヒーは温めなおしたり沸かしなおしたりすると香りが飛び、味が変わってしまいます

作りだめはNGですよ!!

 

実際にお湯を注ぐ時のコツ

  • まず、粉全体にお湯が染み込む程度に少量を全体にかけます
  • 次は少し多めにお湯をかけます。2回目が一番味がよく出るので、中央から外側に向けてたっぷり注ぎましょう
  • 3回目は同じように中央から「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。お湯を注ぐタイミングは「泡が切れないうちに」次を注ぎましょう
  • 以上のような手順で、お湯の量を調整しながら5〜6回に分けて注ぎます

 

コーヒーと健康は関係あるの?

コーヒーって体にも良いんですよ!知ってました?

コーヒーを飲む健康メリットを以下挙げてみました

  • カフェインが脳の中枢を刺激して、心臓の働きを活発にし気分ハツラツになる
  • 活性酸素を抑える働きがあるので、適度にコーヒーを飲む事で体内の活性酸素量のバランスがとれる。結果、老化やガンの予防になる
  • コーヒーは胃液の分泌を促し、消化器の働きを促進させて消化を助けます
  • コーヒーには利尿作用があるので、余剰な水分の排出ができる。二日酔いでアルコールを体外に出したい時にもオススメです
  • コーヒーに含まれているカフェインは脂肪の代謝を活発にする働きがある。つまり肥満の予防にもなります
  • 安心感を得られる。コーヒーを飲んでいる時は心も落ち着きますよね。リラックスできるのはやっぱり健康の良さにもつながります

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回コーヒーについて調べた中で改めて、優れている飲み物だなーと感じました

そりゃ、世界中で愛され続けられているわけですね

ただ、どんな飲料でも飲みすぎは禁物です

 

「適度な量で飲む事」これが大切です

コーヒーであれば、1日5杯以上飲むとカフェインの取りすぎ等あるので気をつけましょう

 

それでは今日はこの辺で

 

 

おしまい