kobalog

英語学習・ジャズギター・商品レビューなど、好きな事気になる事について情報発信している雑記ブログです

ギターで自分の心をコントロールする方法

f:id:go-shun:20181026005822j:plain

どうも。
 
コバヤシです。
 
瞑想ってあるじゃないですか。
 
少し前に瞑想を生活に取り入れようと思って試してた時期があるんです。
 
部屋を暗めにして、リラックスして目を瞑る…ぼくは30分くらいを目安にチャレンジしてました。
 
これが思いのほか、良いんですよ。
 
けっこう頭がスッキリする。
 
毎日ではないですが、3ヶ月くらいは続けてみました。
 
瞑想をする習慣がつくと日々の生活リズムもよくなりそうだなーと感じたんですね。
 
あと、精神衛生上良いなと感じましたね。
 
ただ、日々の仕事が忙しくなってくると1日30分の時間を作ることすらしんどくなってきて最近は久しく瞑想してなかったんです。
 

ギターを弾いていると瞑想と同じ感覚が得られた

先日、実は新しいガットギターを購入しまして…
 
ヤイリのShizukuというミニガットギター。
 
(めっちゃ可愛いし使いやすいし、音も良いのでまたの機会にこのギターのレビューはしたいと思っています。)
 
嬉しさのあまり1人でふらっと多摩川までギターを弾きに行ったんです。
 
ボケーっと川を眺めながらコードとか考えずにただ思いつく音だけを鳴らしていく…。
 
なんとなくその日はそんな気分だったんですね。
 
だいたいいつも外でギター弾くときは弾き語り帳かジャズの黒本かソロギターの楽譜を持っていくんですけど、何も持たずただギターだけ持っていくのも良いですね!
 
なんだか、音を出す行為の楽しさを再発見できた1日でした。
 
ギターを始めて買ったのが高校1年生のころ。
 
あの頃はただピックで弦を鳴らすだけで楽しくて楽しく…学校から帰ったら永遠とギター弾いてましたが、いつからか練習しなくちゃと、練習の為のギターになってました。
 
(でも、あの地獄の練習期間があったから今それなりに弾けるようになったのですが)
 
甲本ヒロトも「ギタリストのピークは初めてギターを弾いて感動した瞬間
という素晴らしい名言も残していますしね。
 
最近はリアルの仕事が忙しくてギターの練習なんかまともにできない日々が続いてますが、やっぱり辛いことがあった日やハッピーな1日は自然とギターを手に取ることが多いです。
 
 
そういうものが見つかったのは自分にとっても幸運だったのかなぁーと今更ながら思います。
 
このブログを読んでくださってる皆さんにもギターはとってもオススメです。
 
というか、ギターでもベースでもピアノでも楽器を奏でるという行為がオススメです。
精神衛生上間違いなく豊かになれる。
 
最近、精神的に余裕がないなと思う人はぜひ楽器、弾きましょう。
 
コツは何にも考えずに思いついた音を出してみること。
 
このストレス社会の小さな逃げ道に…。
 
こんな記事あわせてどうぞ↓
 
 
それではまた!