kobalog

英語学習・ジャズギター・商品レビューなど、好きな事気になる事について情報発信している雑記ブログです

【楽譜集】ジャズスタンダードバイブルのハンディエディションが便利かつ進化していた!!

どうも!

音楽ブロガーのコバヤシです!

少し前の話になりますが、ついにジャズスタンダードバイブルのハンディエディションが発売しましたー!

ジャズギター弾きの私はもちろん即購入!

思った以上に使いやすいのでご紹介します。

ところでジャズスタンダードバイブルってなんのこっちゃ?という方も多いと思うのでその辺から説明していきます。

ジャズスタンダードバイブルとは?

定番のジャズスタンダード227曲を厳選してまとめた本です。通称「黒本」の愛称で呼ばれており、ジャズの現場で最もよく使われているメロディ譜とコード譜が掲載されています。有名なジャズ20曲のテーマ演奏とマイナスワンが入ったCDも付いています。まさにジャズスタンダード楽譜集の決定版ともいえる本です。

見た目はこんな感じです↓

f:id:go-shun:20180825161738j:plain

セッションバーとかに行くとほぼ100%この本が置いてあるくらいジャズセッション界では有名な本です。

現在発売されているのはこの一冊だけではなく、さらに色々な曲を掲載したジャズスタンダードバイブル2や管楽器のキーに合わせたB♭、E♭用やジャズボーカル用の黒本など実に多くの本がシリーズとして発売されています。

メインはやっぱり上記のジャズスタンダードバイブルになります。

小さくて持ち運びに便利なハンディエディション

そして最近発売したのがこちらのハンディエディションタイプになります。 f:id:go-shun:20180825160912j:plain

見た目はほとんど変わりません。収録されている曲も通常の黒本とまったく同じになります。

通常の黒本と比べるとこんな感じです↓↓ f:id:go-shun:20180825161855j:plain

A5サイズなので一回り以上は小さくなっていますね。このサイズ感だとギターのギグバッグにも収納しやすいのでめちゃくちゃ気に入っています。

f:id:go-shun:20180825161956j:plain

持っている黒本をすべて並べてみました。んー…良い眺めや。

ハンディエディションになってもCDも付属していますので基本的には通常の物とほとんど変わりません。

もちろんサイズが小さくなっているので、コード譜やメロディ譜のサイズも縮小されていますが普通に使用する分には十分見やすいので問題ないと私は思っています。(著作権の関係上コード譜部分の写真は載せていません。)

ハンディエディションのここが便利になった!

私が使用してみて一番、便利になったと思った点が冊子の閉じ部分がリングになっていることです!!

f:id:go-shun:20180825162101j:plain

地味だと思ったでしょう??

えぇ。めちゃくちゃ地味な部分なんですが、めちゃくちゃ実用的になっています。

リングになっていることによってページが180度までしっかり開くことができるんです!

結果、すごく見やすくなります。通常の黒本はリングタイプじゃないので、開いた状態で止められるクリップを使っていたんですが意外と毎回使うのが面倒なんですよ。

この機能だけでも十分買う価値があったなと思いますね。

まとめ

これからジャズスタンダードバイブルを購入しようと検討していた方には絶対にハンディエディションをオススメします。

値段も変わらないので単純に進化している本だからです。

すでに通常の黒本をお持ちの方も軽いのとリングで開きやすくなっているというのは非常に魅力的かと思います。

この機会に買い替えも検討されてみては?