kobalog

英語学習・ジャズギター・商品レビューなど、好きな事気になる事について情報発信している雑記ブログです

Spotifyのデータ通信量がどのくらいか調べたら意外に多くてビックリした!!節約方法知っておかないとパケ死確実です

f:id:go-shun:20181206001953j:plain

こんにちは!
音楽ブロガーのコバヤシです!
みなさんご存知の音楽ストリーミングサービスのSpotifyですが、そのデータ通信量ってどのくらいか知っていますか!?
私も普段からSpotify使うので調べてみたら意外に多くてビックリしました。
今回はその通信料アレコレからどうやって通信料を節約したら良いのかについてまとめました。
Spotifyユーザーはぜひ参考にしてみてください。
 
 【こちらの記事もオススメです】

Spotifyの1曲あたりの通信量はどのくらいなのか?

まず、気になるのはココですよね。
実はSpotifyには4種類の音質が用意されています。
  • 低音質(24kbps)
  • 標準音質(96kbps)
  • 高音質(160kbps)
  • 最高音質(320kbps)
…となります。
※最高音質はプレミアムプランの方しか選べません。
ちなみにkbpsというのは[kilobits per second]の略でデータ通信における転送速度の単位です。
数値が高ければ高いほど、良い音質になります。
 
音質ごとに調べてみたところ、1曲(5分)の通信量に違いがはっきりと出ていました。
それがコチラ。
  • 低音質⇨約1MB
  • 標準音質⇨約4MB
  • 高音質⇨約6MB
  • 最高音質⇨約12MB
といったデータが出ているようです。
音質によってこんなにも通信量に差があるのか!?と驚く結果ですね。
1024MB=1GBとなるので、標準音質でも長い間かけっぱなしにしているとあっという間に2GB、3GBとスマホのデータ通信量がオーバーしてしまいいわゆる「パケ死」状態になってしまいます。
Spotifyは便利な分、使い方も考えなくちゃいけなさそうですね。
 
ではここからはどうすればパケ死せずにすむのか?
いくつか方法を解説していきますね。
 
 

データ節約方法①Wi-Fi環境のあるところでダウンロードしてから再生する

私としてはこの方法が一番現実的で有効だと思います。
家にWi-Fi環境があるなら、アルバムや曲単位でダウンロードしておけばオフライン環境下でもいつでもどこでも聴くことができます。超便利です!!
しかし!!
 
し・か・し!!
 
月額980円のプレミアム会員にならないと音楽をダウンロードすることはできません!!
ここは注意が必要ですよ。なんでもかんでも無料というわけにはいかないのです。
ただ、パケ死を防ぎたい人はプレミアム会員になるのが一番てっとり早いです。
 
もうひとつ注意してほしいのが、ダウンロードにはスマホの記憶容量を使用することになります。
大容量のスマホなら問題ないと思いますが、あまり容量がない人はアプリや写真を減らしたり、こまめに端末内の音楽を入れ替えたりすると良いでしょう!
 
 

データ節約方法②音質を低音質に設定する

音楽はなるべく良い音で聴きたいと思いますが、俺は音質なんかにこだわらないぜっていう方にはオススメの方法です。
音質を下げれば当然通信量も減りますので、気になる人は低音質に設定するのもアリでしょう。
ただ、低音質でもそれなりに通信量はかかるので気休め程度って感じもしますが…。
 
 

データ節約方法③外出時はモバイルWi-Fiを持ち歩く

すでにポケットWi-FiやWiMAXなどのモバイルルーターを持っている方はこの方法も良いと思います。
モバイルルーターの良いところは音楽だけでなく動画なんかも気軽に外で楽しめることですよね!
最近では自宅のネット回線を解約して、家の中でも外でもモバイルWi-Fiを使ってネット料金を節約している方も増えているようなのでこの方法はけっこう使えるんじゃないかと思います。
 
 

Spotifyのデータ通信量まとめ

ぶっちゃけ現代人のみなさまが音楽を楽しむシチュエーションて外出時だと思うんですよね。
電車の中、車の中、散歩中やカフェの中など、どうしてもオフライン環境下で音楽を楽しみたい場合が多いと思います。
Spotifyを始め様々な音楽サービスがありますが、オフライン環境下でも無料で音楽聴き放題みたいなことになったら商売になりません!!笑
便利な環境を作りたいなら、それ相応のお金は払わなきゃいけませんよね。
(それでも月額980円で4000万曲以上の音楽が聴き放題になるのは最強のサービスとしか思えませんが…。)
これからSpotifyの使用を考えている人の参考になれば幸いです。
 
 

今回の記事はいかがでしたか?

もしこの記事が役に立った、面白かったという方は下のSNSアイコンからぜひシェアをお願いします!!
 
それでは今日はこの辺で!
 
【あわせて読みたい】